有効性

Lingokidsでは同じ時間で従来の2倍の英語を身につけることができます

x 2

Lingokidsで1時間勉強した場合

x 1

従来の学習方法で1時間勉強した場合

厳選されたコンテンツをゲームと組み合わせることは効果的だという調査結果が出ています。Ludic Learning Methodの効果については、Lingokidsの研究を参照してください。

研究

  • ケーススタディ ― LingoKidsとDuolingoの違い(英語)

    この研究では、5歳から6歳の就学前の子どもを対象に、Duolingoの食べ物の単語レッスンとLingokidsのキッチンのインタラクティブレッスンの学習効果を比較しました。結果、Lingokidsのレッスンを受けた子は学習効率が高く、学習意欲もより高くなっていたことがわかりました。

    2015年6月8日

  • ケーススタディ ― Lingokidsと従来の学習方法の比較(英語)

    この研究で私たちは伝統的手法であるフラッシュカードを使って増えたボキャブラリーの量と、LingoKidsランドリーアンドキッチン双方向レッスンで増えたボキャブラリーの量を比較した。この研究により、Monkimunアプリを使った子供たちは、伝統的な指導法により教育された子供たちより多くボキャブラリーを増やしたことが明らかになった。

    2015年5月13日

  • Lingokidsアプリケーススタディ(英語)でボキャブラリー強化。

    この研究では、就学前の児童が5日間にわたりLingoKids”シェイクイットフォレスト”で遊びながら増やしたボキャブラリーを評価し、その量をはかった。データ分析では93.75%の参加者が英語のボキャブラリーを増やした。その研究で、LingoKids”シェイクイットフォレスト”ゲームで平均3分41秒、5日間遊ぶことで平均40%英語のボキャブラリーが増えたことが分かった。

    2015年6月24日

  • バイリンガル教育について分かっていること(英語)

    フレッド・ジェネシーは、多数派言語を話す生徒へのバイリンガル教育について調査を行ってきました。バイリンガル教育プログラムが効果的に導入されれば、学校の成績が思わしくない生徒でも、母国語の発達を損なうことなく第二言語を習得できることを発見しました。ジェネシーはまた、第二言語を他者との対話の中で使う機会に恵まれた生徒はとりわけ効率よく学習することを発見しました。

    2008年1月11日

  • 幼児は第二言語を学べるか(英語)

    この記事で、ジャネット・ヴォスは就学前の子どもが外国語を学ぶ能力について検証しています。認知発達の臨海期、幼児の自然な学習スタイル、感情的要素の学習、そして多重知能理論を引用し、第二言語の早期学習は効果的だと説いています。

    2015年2月19日

  • ELL(英語学習者)のための各州共通基礎学力スタンダード (英語)

    The National Governors Association Center for Best Practicesとチーフ州教育委員会は、英語学習者(ELL)は各州共通基礎学力基準(Common Core State Standards)の定める基準を満たすべきだと宣言しました。ELLが英語および数学の学力基準を満たし、学習体験を豊かにするための方法を指導しています。

    2012年10月24日

  • 語彙習得―教室からの疑問(英語)

    この論文中でブラコヴィッツ、フィッシャー、オーグル、ワット・タッフェは語彙の指導と習得に関する疑問を掘り下げています。語彙習得の最も効果的なアプローチは一日を通して学習し、文脈を通した学習にフォーカスすることだと結論づけました。言葉がどうやって意味をなすのかということを子どもたちが理解し、言葉に注意を払えるようになるためには、教育者が手助けをすることが重要だと強調しています。

    2006年10月14日

ベネフィット

Lingokidsは幼年期(2~6歳)の子どもに向けた言語学習を提供します。その時期の子どもは語彙と第二言語を自然に吸収していきます。
Ludic Learning Methodを採用し、学習に役立つ豊富なコンテンツをもとにしたゲームを使い、子どもの自発的な対話型学習を促します。
第二言語を学ぶことは、バイリンガルを重視する世界への扉を開きます。子どものうちに第二言語に堪能になれば、よりよい国際人への道が開かれるでしょう。
外国語を勉強した人は一般的に、高い集中力、柔軟性、記憶力を発揮するという調査結果が出ています。